製品性能の向上で

家電業界は、安価な海外製品の流入によって国内メーカーがダメージを受けている現状です。海外製品は、円安になっても国内メーカーよりも安い金額で提供できている家電の種類が多いため、不景気の影響もあって積極的に購入する人がたくさんいます。一方で、故障の危険性は全体的に国内メーカーよりもありますので、根強く国内の商品を購入する世帯も少なくありません。 そのため、国内メーカーは生き残りを目指して、製品性能の向上に力を注いでいます。製品性能の面で言えば、国内メーカーは世界的に見ても高いレベルを維持しています。その分、耐久性のテストや安全性の確保のためにある程度コストがかかってしまい、海外の工場で製造していても海外製品のように安い金額に落とすことが出来ません。そのため、価格を上回る製品性能の向上によって、消費者にコストパフォーマンスの高さをアピールすることを目指しています。 消費者にとっても、家電はそれほど頻繁に買い換えるものではありませんので、製品性能が高いものであれば、ある程度価格が高くなっても購入する傾向があります。高額な家電になるほど長期的に使用することになりますので、その傾向は顕著になります。冷蔵庫や洗濯機などのほか、テレビやレコーダーなどもやはり国内メーカーのものが高く評価されています。 今後は、国内メーカーの商品はさらに製品性能を向上させて、より消費者にとって魅力的な商品という位置づけでアピールしていきます。アフターフォローを徹底させたり、追加で機能が増やせるサービスなどもあり、海外勢に押されかけている現状を取り戻すべく努力しています。これによって、消費者は格安の商品か、製品の機能が充実しているメーカーかを選ぶことができるようになり、自分の希望にあわせた家電を購入できるようになります。実際に購入した人の評価なども参考にして、使い勝手の良い家電製品をいろいろと探してみるとよいでしょう。

技術がい製品自体の持ちが長い

技術が良い製品自体の持ちが長くなるため、買い替えの頻度が少なくなるという問題があります。消費者にとってはメリットとなりますが・・・続き