技術がい製品自体の持ちが長い

技術が良い製品自体の持ちが長くなるため、買い替えの頻度が少なくなるという問題があります。消費者にとってはメリットとなりますが、メーカーにとっては困ります。それでも、すぐに壊れてしまうような家電製品を作ってしまえば、消費者からの信頼は地に落ちてしまいます。ほどほどに長持ちする製品がこれまでには作られてきたのですが、最近の技術革新によって今までの常識が変わってきています。 持ちが長い家電製品の代表となりつつあるのが、LED電球やLEDシーリングライトなどです。従来の白熱電球であれば、1年や2年ほどで買い換えることが多く、蛍光灯の場合では5年も使えば管球などを交換するものでした。ところが、LED素子が使われた照明器具の場合には、10年や20年は使えるものがほとんどです。LEDの技術のおかげで環境保護にとってはプラスとなりましたが、メーカーにとっては複雑な心境です。40000時間の寿命があるLED電球を使用頻度が少ない場所で使えば、一生のうちに交換する必要がなくなる可能性もあります。